非破壊検査情報

TOP

日本マテック株式会社 オフィシャルサイトはコチラ

非破壊検査の種類と検査方法

TOP > 非破壊検査の種類と検査方法

非破壊検査の種類と検査方法

対象物を分解・破壊することなく、その異常を検出し、その安全性を判定する非破壊検査。一口に非破壊検査と言っても、対象となる物体の形状・性質などによって適用される検査方法は異なってきます。以下のページでは、代表的な非破壊検査の方法についてご説明しています。

非破壊検査の種類と検査方法

非破壊検査の種類と検査方法

X線検査

X線の照射により、物体の内部構造を検査し、内部の異常を検出する方法です。ここではその原理や目的について平易にご説明いたします。

超音波探傷検査

人間の聴覚では聞こえない音(超音波)を用いて、物体の内部構造を検出する方法です。また回折による残留応力測定も可能です。ここではその原理や目的について平易にご説明いたします。

超音波厚さ測定

超音波探傷検査と同様、人間の聴覚では捉えきれない音(超音波)を用いて、物体の厚みを測定する方法です。ここではその原理や目的について平易にご説明いたします。

渦流探傷検査

電磁誘導により発生する渦電流を利用して、物体表面の傷を検出する検査方法です。ここではその原理や目的について平易にご説明いたします。

磁粉探傷検査

電磁石と磁粉と呼ばれる粉を用いて、物体表面の傷を検出する検査方法です。ここでは検査の目的や、極間法と言われる検査法の1種について平易にご説明いたします。

浸透探傷検査

浸透剤と現像剤と呼ばれる2種類の液体を用いて、物体表面の傷を検出する検査方法です。ここではその原理や目的について平易にご説明いたします。